キッチン

ネット社会の今だからこそ利用【ランキング上位の給湯器を選ぶ】

給湯方法と節約の工夫

作業員

二つの給湯方法

給湯器にはお湯の供給方法として、主に二つの種類の給湯方法が存在しています。一つには瞬間式と呼ばれるもので、主にガス式の給湯器で主流の方法です。バーナーなどで加熱されて高温になったパイプの中を水道水が通ることで、一定の温度に加熱します。特徴としては、必要量だけのお湯を得られることと、本体に余分なスペースがいらないので小さくできるという事があります。もう一つには貯湯式と呼ばれるものがあって、主に電気式の給湯器で用いられている方法です。瞬間式と違って、予めタンクに一定の量の水を貯めてから加熱し、お湯を作っておきます。タンクが必要な分比較的大型になりますが、複雑な構造を必要としていないことから、メンテナンスが楽です。また、お湯の温度が安定しているという点もあります。

光熱費を下げる工夫

給湯器には現在多くの種類が存在していて、それぞれに異なった特徴を持っています。そのため、自分の生活環境にあった機種を選ぶことが大切です。また、身近なところで言えば、給湯器にかかる無駄な光熱費を節約する事も大切です。たとえばお風呂であれば、家族がいる場合には入浴の時間差によって追い焚きが必要になってきます。追い焚きは繰り返せばそれだけ光熱費は上がっていきますので、なるべく抑えたいところです。これを節約するには一つの方法として、お風呂に入るタイミングを合わせるという方法があります。冷えてしまえばその分温めるのに余分なエネルギーが必要になります。ですから、あまり間を開けずにお風呂に入るというのは、追い焚きにかかる光熱費を下げるためには効果的な工夫となります。

Copyright© 2016 ネット社会の今だからこそ利用【ランキング上位の給湯器を選ぶ】 All Rights Reserved.